タトゥー除去、ピコレーザーへの誤解

タトゥー除去を考えたとき、まず最初にレーザーによる治療を考える人が多いと思います。皮膚ごと切り取ったり削ったりすると、すぐに消すことはできまずが、そのかわり大きな目立つ傷が残る場合が多く、少し時間がかかっても傷を残さず綺麗に消すことができる可能性のある、レーザーによるタトゥー除去にメリットを感じている方が多いのだと思います。

最近では、レーザーでの治療のネックであった「時間がかかる」というデメリットを解決する方法としてピコレーザーという新しいレーザーが注目されています。今回はレーザーによるタトゥー除去におけるピコレーザーの位置付け、メリット、注意点などについて書いてみたいと思います。タトゥー除去を検討している方の参考にしてみてください。

YUKA963_yubisasubiz15202332_TP_V

ピコレーザーとは

ピコレーザーの「ピコ」とは、レーザーが照射されている時間を表す単位です。今まではナノ秒と言われる、1秒の10億分の1という長さでレーザーを照射していたのですが、ピコレーザーではその1000分の1の長さである、1兆分の1という長さでレーザーを照射しています。

正確には「ナノ秒レーザー」「ピコ秒レーザー」と呼び、レーザーを照射する時間が短くなっているのが特徴です。

タトゥー治療をするレーザーの種類としてはヤグレーザーが有名ですが、このようにヤグレーザーの機器の中にナノ秒レーザーとピコ秒レーザーが存在しているのです。ピコレーザーは新たなレーザーの種類や機種ではありません。

現在、世界ではたくさんのピコレーザーが販売されていますが、多くのものはヤグレーザーとアレキサンドライトレーザーという2種類のレーザーをベースにして作られています。

150415342006_TP_V

ピコレーザーは今までのナノレーザーと何が違うのか

では、ピコレーザーは今までのナノレーザーと比較して、どのようなメリットがありデメリットがあるのでしょうか。ネットでは様々なことが書かれていますが、果たしてそれは本当なのでしょうか。

消すことができる色の幅が増えた?

今までのレーザーでは、黒・青・赤・緑あたりの色しか消すことができなかったのですが、ピコレーザーでは黄色やオレンジ、白などのカラフルな色にも対応できるようになりました。最近のファッションタトゥーの中にはカラフルなものが多いですので、従来のレーザーでは限界がありました。そういったカラフルなタトゥーを入れている人にとっては良い器械だと言えるでしょう。

ただし、ピコレーザーだから全色消えるというわけではなく、残念ながら消えない(消えづらい)色があるのも間違いありません。水色や黄色、白色などでは、まだ完全には消し綺麗ないケースもあるようです。部分的に皮膚の切り取りや削皮で対応することもありますが、それでも切除範囲が小さくなりますので、レーザー治療によるメリットは大きいでしょう。また、多少の色が残ったとしてもタトゥーとして認識されなくなり露出できればOK、という考えの人にとっては、レーザーだけで目的を達せられる場合も多いです。

赤や黒のタトゥーでは、今までのナノレーザーとの結果に大差の出ないケースもあります。確かにピコレーザーは良い機器ですが、レーザーによるタトゥー除去治療では「どんな機器を使うか」よりも「機器をどう使うか」の方が治療効果に大きく影響します。せっかくピコレーザーを選ぶのであれば、症例が豊富でタトゥー除去を専門的に行っているクリニックが良いでしょう。

ダウンタイムが少なくなった?

ナノレーザーと比較して、ピコレーザー使用するとダウンタイムと呼ばれる痛みや出血などの期間・程度が短いことは間違いないようです。ナノレーザーだと皮膚へのダメージが大きく出血してしまうような出力であっても、ピコレーザーの場合だと出血せずに経過していく場合も多く、洋服を着る部位などでは出血の有無はダウンタイムの過ごしやすさとして大きな差が出てきます。また、ダメージからの回復自体も早いため、繰り返してレーザーを照射する必要のあるタトゥー治療では短い間隔で治療を行っていけるという点でも有利です。

消えるまでの回数・期間が少なくなった?

ナノレーザーと比べて、ピコレーザーは色素をより細かく砕いて分解することができるようになったので、消えるまでの回数や期間が少なくなると言われています。また、細かく色素を砕けるので、よりタトゥー跡が目立ちづらくなったとも言われています。

ただ、ピコ秒という短いレーザー照射時間ですが、短すぎると逆に消えが悪くなるというデータもあり、ピコレーザーはまだまだ試行錯誤をして最適な照射方法を探っている状況であるということも知っておかなければいけません。適切ではないレーザー照射を行った場合にはナノレーザーと同等もしくは劣る結果になる可能性があり、その可能性はまだまだ低くはないということです。この点からも、信頼のできる医療機関での治療が大切だと言えるでしょう。

治療の値段は高くなった?

ピコレーザーの機器は値段が高く、ナノレーザーの機器の約4〜5倍と高額です。その分、治療費にも反映されてしまいますので、ピコレーザーでの治療は高くなる傾向にあります。値段の上昇分だけ治療効果が上がるのかということを、しっかりと吟味する必要があります。

本当にピコレーザーが必要か見極めることが大切

従来のナノレーザーと比較して高い治療効果が期待されるピコレーザーですが、ナノレーザーでも治療効果が遜色ない場面も少なくありません。自分のタトゥー除去には、本当にピコレーザーが必要なのかということをしっかりと判断する必要がありそうです。同じゴールを目指すのに、無駄に高い費用をかける必要はありません。色がカラフルではない場合、まずはナノレーザーで治療してみて、治療効果を見ながら部分的にピコレーザーを使用することで、大幅に治療費用を少なくすることも可能です。

キルシェクリニックができること

東京都港区赤坂にあるキルシェクリニックでは、医師としての社会貢献の一環として格安でレーザーによるタトゥー除去治療を行っています。5cm×5cmの大きさで1年間の治療フリーパスが49,800円、倍の大きさの7cm×7cmだと88,000円という格安な費用で治療を行っています。

格安の治療で使用しているレーザーはナノレーザーですが、長年大手美容外科クリニックでタトゥー除去治療を行ってきた経験を生かし、ダメージは最小限・効果は最大限という形での治療を行っていますので、黒単色や赤の2色などではピコレーザーと遜色ない治療成績も出ています。悩まれた方はお気軽にご相談ください。

また、ピコレーザーも厚生労働省の承認機であるenLIGHTen(エンライトン)を導入しており、カラフルな色にも対応可能です。こちらもできるだけ安い費用で治療ができるように努力していますので、安心してお任せください。

9ac187d9973aea95022f63781fd1a3ef_s